電子基板、ICタグ、センサー、IOT用のオリジナルプラスチックケースを開発~試作~量産まで一貫対応しています。試作品1個から対応しています。

金型の動き(図解)

金型が閉じた状態から製品が取り出されるまでの一連の動作を図で見てみたいと思います。

①金型が閉じた状態


シリンダーで溶かされたプラスチックが固定側のスプルーブッシュ
(材料の通り道)を通って金型内部の空間に射出されます。

①可動側がひらく


金型内に射出されたプラスチックは一定時間冷却されることで固まります。
成形品が固まった後に可動側の金型を開きます。

③突出しピンによって成形品が突き出される

可動側の突出しピンが突出されることにより、成形品が突出されます。

④製品が取り出される

取り出し機や自動落下により成形品が取り出されます。
成形品が取り出された後に、突き出しピンが元の
位置に戻され、再び金型が閉められます。

①から④の動きを繰り返すことによって
成形品が生み出されていきます。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3611-7077 9:00 - 16:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 有限会社 大里化工 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.